銀座に憧れて

群馬の田舎町に生まれて、都会に憧れ、そして銀座にやっと住むことができました。

ともみです、今32歳です!若くはないけど、それなりに楽しく過ごしています。

私は田舎で何もない実家が好きになれずに、大人になったら絶対都会に住むって決めてました。そして25の時にある程度引越し資金とかも貯まって念願の都会に引っ越してきました!

なぜ銀座にしかたと言えば、単純に私の中の都会は銀座だったからです(田舎者の考え方)テレビ観ててもキラキラしてるのは新宿でも原宿でもありませんでした。白金とか高級住宅街があるようなところはさすがに高すぎました。

まだ9万代もある銀座に比べて白金は12万代が基本とかですからね、維持ができません(笑)

銀座の魅力はプランタン銀座とか東急プラザ銀座とか色々ありますけど、何より歌舞伎座があるのが大きいです。

銀座に引っ越してきてから仕事場の人に歌舞伎ファンの方がいて、その子と仲良くなって連れてってくれた事があったんですけど、面白かったです!

歌舞伎って男の人が好きそうなイメージですけど、結構女の子もいてちょっと意外でしたね。

あ、私の話をしてる途中でしたね(笑)

銀座に引っ越してきてからは出版社で編集をしてます。毎日忙しくて、締め切り間近になると先生のお宅に行って原稿をもらってきて印刷にかけるまでで一週間が過ぎます。

毎週こんな感じなので家に帰っても家の事をする気力がわかずにそのまま寝ちゃいます。なので女子っぽいことをほとんどする時間はないんです。本当ならフェイシャルエステに行ってリンパを流しながらマッサージをしてもらって、それからエステで脱毛して常にキレイな肌を保って・・・とかセレブっぽいことを考えてたんですけど、なんか違う感じになっちゃってます。