思い切って脱毛を決断

セレブ女子になる私は、気づいてしまったのです。

セレブになるためには、やはり悪あがきしないといつまでたっても前進しないなと考えたのです。
銀座に住むセレブ女子になるためには、手始めに脱毛をしたいと思いました。

以前から脱毛サロンに通いたいと思っていたので、ここで決断しようと思いきりました。
ムダ毛も気になっていたので、ツルツル素肌を目指して頑張ることにしたのです。

そんなにお金があるわけではないので、値段の手頃な脱毛サロンを探すことにしました。
有名なところはそれなりに料金が高いというイメージだったので、なかなか手を出せずにいたのです。

ネットでサロンのことを調べていて、自分のイメージが覆りました。
脱毛サロンのことについて詳しく書かれているサイトを見つけたんです。

http://www.xn--e-lm3bz30bhyubzt.com/←このサイトです。

有名な脱毛サロンでは、どんな施術をするのか丁寧にわかりやすく書かれています。
脱毛をする際に知っておいたほうがいい知識もあるみたいです。

全身脱毛をするか、部分脱毛を選択するかで、料金も違ってくるみたいで、月額で払う料金が思っていたほど、高くはなかったので安心しました。

このサイトに載っていたミュゼプラチナムというお店に行ってみることにして、東急プラザ銀座の近くにありわかりやすいです。

最初は全くの初心者だったので、内心不安でした。
でも明るい店内で、女性のことを意識したデザインで少し安心できました。

店員さんも親切丁寧で、親身になってカウンセリングをしてもらったのです。
肌の状態を調べ、脱毛しても大丈夫な肌かどうかを確認してくれます。
特に脱毛したい部分を聞かれて、私に合った脱毛プランを考えてくれて、それに見合った料金の設定もしてくれたのです。

私は腕と脚と脇の毛を脱毛したいかなって思ったので、部分脱毛を選択し、それほど高くない料金を設定することができました。

初日はカウンセリングだけで終わり、集中的にこちらの悩みや希望を聞いてくれた形でした。
別の日に施術を受けに行き、ドキドキしていました。
脱毛をするときは、痛みが伴うという話を聞いていたので、不安な気持ちがあったのです。

でもほとんど痛みを感じることもなくて、そんなに時間もかからずに終わってしまったのです。
脱毛効果のある光を照射するだけなので、肌にも優しい脱毛法で安心しました。

アフターケアとして、プラセンタエキス配合のローションを使って仕上げてくれるので、美肌効果も期待できてしまうんです。

本当に脱毛できたと実感できるのはまだ時間がかかるため、根気強く通い続けたいと思います。

脱毛サロンに通っているという感覚が、ちょっとセレブ感が出てきたかな?

東京メトロ銀座駅を歩く人たちに交じって歩いてるとき、歩き方も変わってきたかなって思います。
自分を変えるためには一歩前進しないとダメなんだって、銀座の街が教えてくれた気がします。

三越銀座の前の通りを堂々と歩けている自分にびっくりです。脱毛をして自信が持てたので、セレブ女子に近づくために頑張っていきたいと思います。

銀座に住むことの辛さ

出版社の給料が早く高くならないかと考えている、ともみです。

出版業界はまさにブラックな会社です。作家の原稿を取ってこなければ、会社にも帰れないのです。
自分のせいじゃないのに、作家が締め切りを守らないせいで、夜まで粘ってようやく会社に戻れる。
帰宅は夜遅くが当たり前で、ご飯はいつもコンビニ弁当・・・。
お金も無くなってしまいますよね。健康にも悪いですし。

やっと寝られるのは夜中の1時くらいからです。
朝起きるのは6時半くらいで、9時に出社します。
毎日これの繰り返しで、ただ過ぎ行くのを決まった仕事をしながら消費する毎日。

これで給料が安いんだから、割に合いませんよね。
セレブな女になりたいという目標も、いつになったら叶えられるのか・・・。
銀座に住んでて、東急プラザ銀座から出てくる高級バッグを持った奥様と思われる人たちを見ていると、自分と住む世界とどう違う生活を送っているんだろうと疑問に感じます。

セレブそうな福をきて、アクセサリーを身にまとって、ヘアサロンに言ったみたいな髪をなびかせ、優雅に歩く女性たち。
彼女たちはどういう風にセレブになったのだろうか・・・?

肌もきれいで、ムダ毛一つ生えてない体なんだろうね。
ちゃんと脱毛サロンに行きまくっている、金持ちたち・・・羨ましいです。

やっぱり銀座にすがるには、ハードルが高すぎたのでしょうか?
一つも改善しない私の生活はいつになったら変わるのか・・・。
どうやって変えればいいのか、これからも模索していかないといけないんでしょうね。

セレブな街に住む女性って、強いんですね。

自称セレブな女

銀座って商業施設も高いものしか置いてなくて、ブランド物しかないっていうイメージです。

服を買うのも、身の回りの物を買うのも、手を出しづらい状況なんです。

服は実家から送ってもらったりしてるので、多分群馬で売ってる無難な服が多いと思います。でも少し派手な服と頼んでいるので、何とか銀座の街を歩けているという状況です。

銀座は基本値段の高いものしか置いていないので、背伸びしてる私にはちときついものがあります。

ああ、ブランドのバッグってなんでこんなにキラキラしてるんだろ。キラキラしてるのってたぶん証明の効果によるものなんだろうけど、こんなにキラキラしてると欲しくなっちゃうよ。

なんでこうも引き寄せられるかわからないけど、魔力のようなものを感じますね。

革製品もずらっと並んでいて、ピカピカしてる。あのツヤがセレブの指標なのかなと思う。なら自分のバッグをツヤツヤにしたらそれっぽく見えるだろうか。

まだまだ銀座のセレブな女になるには、家賃ごときにひいひい言ってたら、ダメな気がしますね。

銀座は高級志向な街だから、こんな私でも引っ張られて、ゆくゆくは超セレブに成り上がれるだろうか。

この銀座で少しでも自分磨きしたら、行ける気がする。

今は気持ちだけでもリッチにならないとと思って、エステにも通っているんですけど、なかなかお金がかかります。

自分の体を維持するのも大変です。もう30過ぎてるんで、メンテナンス?(笑)しないといけないんですよね。

肌がボロボロで、エステでケアしないと見てられない顔になるし、脱毛して毛がないアピールもしないといけないし、おまけに美肌効果のオイルがバカ高いからお金もジリ貧!

毎日仕事で駆け回っても、それなりの給料しかもらえてないし、背伸びして生きていくのは大変です。

セレブな女目指して、頑張ります!

銀座に憧れて

群馬の田舎町に生まれて、都会に憧れ、そして銀座にやっと住むことができました。

ともみです、今32歳です!若くはないけど、それなりに楽しく過ごしています。

私は田舎で何もない実家が好きになれずに、大人になったら絶対都会に住むって決めてました。そして25の時にある程度引越し資金とかも貯まって念願の都会に引っ越してきました!

なぜ銀座にしかたと言えば、単純に私の中の都会は銀座だったからです(田舎者の考え方)テレビ観ててもキラキラしてるのは新宿でも原宿でもありませんでした。白金とか高級住宅街があるようなところはさすがに高すぎました。

まだ9万代もある銀座に比べて白金は12万代が基本とかですからね、維持ができません(笑)

銀座の魅力はプランタン銀座とか東急プラザ銀座とか色々ありますけど、何より歌舞伎座があるのが大きいです。

銀座に引っ越してきてから仕事場の人に歌舞伎ファンの方がいて、その子と仲良くなって連れてってくれた事があったんですけど、面白かったです!

歌舞伎って男の人が好きそうなイメージですけど、結構女の子もいてちょっと意外でしたね。

あ、私の話をしてる途中でしたね(笑)

銀座に引っ越してきてからは出版社で編集をしてます。毎日忙しくて、締め切り間近になると先生のお宅に行って原稿をもらってきて印刷にかけるまでで一週間が過ぎます。

毎週こんな感じなので家に帰っても家の事をする気力がわかずにそのまま寝ちゃいます。なので女子っぽいことをほとんどする時間はないんです。本当ならフェイシャルエステに行ってリンパを流しながらマッサージをしてもらって、それからエステで脱毛して常にキレイな肌を保って・・・とかセレブっぽいことを考えてたんですけど、なんか違う感じになっちゃってます。